経費削減の計画の立て方として、まず「動機付け」と「現状分析」を 適切におこなってください。 「動機付け」の役割・・・