イメージ画像

経費削減の進め方


a0055_000566

経費削減の計画の立て方として、まず「動機付け」と「現状分析」を
適切におこなってください。

「動機付け」の役割としては、売上、経費、利益などの時系列データを公開し、
なぜ今、経費削減が必要なのかを理解してもらいます。

「現状分析」では、経費の科目別構成や時系列推移を基に、
ABC分析や削減の可能性をさぐります。

上記のように、まず問題の提起をおこない、
2回目以降から具体的な削減策の審議に入ります。

経費削減を行うには、まず事細かく緻密に計画を
立てることから始めましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

January 15, 2012 | No Comments/Trackbacks » |

Category:経費削減の進め方

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Comments are closed.

このページの先頭へ